2012年 04月 30日
2ミリほどの小さな花です,ノヂシャ
d0006690_15311266.jpgノヂシャ(野萵苣) オミナエシ科 ノヂシャ属

「例の田舎道」です。路傍の片隅に咲いていました。ノヂシャと教えていただきました。背丈は5センチほどでしたが,10〜35センチ位になるようです。

ヨーロッパでは若葉をサラダに利用するそうです。日本へは江戸時代に渡来し,野生化したようです。チシャに似て,野に生育しているのでノヂシャと付けられたとのことですが,野生化する前はなんと呼ばれていたのでしょうか。

チシャと言えばレタスのことですが,忘れられていたノヂシャも最近ではコーンサラダの名で売られているそうです。

d0006690_15305659.jpg2つに分かれて,それぞれにたくさんの花をつけています。ひとつひとつの花の大きさは2ミリ位です。立派な5弁の花です。

なお,韓国で焼き肉を蒔いて食べるサンチェもチシャの1種です。しかし,チシャ,ノヂシャ,オオカワヂシャはまったく別物です。

チシャ      キク科     アキノノゲシ属
ノヂシャ     オミナエシ科  ノヂシャ属
オオカワヂシャ  ゴマノハグサ科 クワガタソウ属

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2012-04-30 17:00 | 花の手帳 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://gakisroom.exblog.jp/tb/15798033
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 「春うらら」がありませんでした...      ようやくイチョウの雌花に出会いました >>