2012年 04月 23日
4弁の花でした,ベニバナトキワマンサク
d0006690_16191914.jpgベニバナトキワマンサク(紅花常磐万作)
マンサク科 トキワマンサク属

「近くの公園」のベニバナトキワマンサクが咲き始めました。例年より少し遅いようです。

中国原産の常緑低木で,樹高は3〜4mになるそうですが,「近くの公園」のものは毎年剪定されので1m位です。

トキワマンサクの変種だそうです。この花を初めて見た時,風にそよぐその長いリボンのような花びらが「ハタキ」のように見えました。しかし,違っていました。ベニバナトキワマンサクは4弁の花でした。

d0006690_16184278.jpgこうして見ると「ハタキ」のようです。しかし,4〜5個の花が集まった花序です。

d0006690_16183966.jpgその1つを見ると長い花弁を持った4弁の花です。(右端の短い花弁は別の花のものです)

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2012-04-23 17:05 | 花の手帳 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://gakisroom.exblog.jp/tb/15764993
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 「夏日」とともに黄砂もやって来た      やっと見ることができました,イ... >>