2012年 04月 05日
如月の望月のころ
d0006690_18434878.jpg2日に開花した「近くの公園」の桜は早くも7分咲きになりました。一昨日の「春の嵐」,きのう,きょうの風にも耐えています。この週末が満開でしょうか。

ところで,きょうは旧暦3月15日。西行が
 願はくは花の下にて春死なん その如月の望月の頃
と詠った「如月の望月の頃」です。

残念ながら,夕刻からは雲が拡がって望月を見ることはできません。しかし,天文学的な満月は7日ですから,ちょうど「近くの公園」の桜の満開と重なりそうです。

何を勘違いしたのでしょうか。如月は2月です。タイトルも記事もそのままにしておきます。(4月6日)

d0006690_18432172.jpg缶ビールでももって夜桜見物をと思っていますが,週間天気予報では7日は終日曇り,日中の最高気温は10度,翌朝の最低気温は−1度の予想です。なかなか思惑通りにはいかないようです。

写真上は京都の南白川通りのしだれ桜です。所用の帰りに寄ってみました。この辺りは「祗園新橋重要伝統的建造物群保存地区」に指定されたところです。京町家が整然として建ち並び,白川の流れや,石畳,樹木など,趣のある場所です。

その一角ににある辰巳神社の前では無料撮影会が行われていました。辰巳神社は祗園の花街のシンボル的な神社で,芸子・舞妓さんや芸能に関連する人達から芸上達のご利益神社として親しまれているそうです。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2012-04-05 19:10 | 花の手帳 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://gakisroom.exblog.jp/tb/15678062
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 昨日の勘違いあるいは「如月の望...      扶余時代の百済王宮の再現・百済... >>