2005年 08月 16日
8月15日の靖国神社
d0006690_18324289.jpg8月15日靖国神社に行って来ました。参拝するつもりはなく,ただただ8月15日の靖国神社というものがどんなものか見たかっただけです。

地下鉄の九段下駅を降りると,駅の構内には機動隊がおり驚かされました。地上へのエスカレーターは故障中(本当かな)とかで階段を上って外に出ると,靖国神社です。ここにも機動隊が待機していました。

大鳥居をくぐって境内に入ると,戦前の徴兵制の生みの親,大村益次郎の巨大な銅像が目に止まります。その前に特設ステージが設けられて「終戦60年国民の集い」が開かれていました。神殿に近づくにつれ,人があふれ,35度を超えているであろう暑さの中で,それは初詣のような人出でした。

喪服で身を整えたひともかなり見られました。モデル銃を持った旧日本軍の軍服の隊列もいくつか見ました。全体的に騒々しく境内に居る限りでは「追悼」といつた厳粛さとはほど遠いように感じました。今朝の新聞によると20万の人出だったそうです。
[PR]

by gakis-room | 2005-08-16 18:58 | つれづれに | Comments(0)


<< 靖国神社で笑ってしまつたこと      涼しい朝とテグム >>