2012年 03月 14日
歌歌わぬ唇寒し,大阪府立高校卒業式 国家斉唱時の口元チェック
おぞましさもここまで来たか,そんな感じです。大阪府立高校の卒業式で,府教委が事前に全校長に出した「起立斉唱を目視で確認」との指示を受け,1つの高校では校長に命じられた教頭が起立状況に加えて,「君が代斉唱:歌っているか口の動きチェック」しました。

この結果,口が動いていないと判断された3人の教員が校長から呼び出され事実確認を受けました。うち,歌わなかったと認めた1人の教員について,府教委は処分を検討していると言います。

口の動きのチェックを命じた校長は橋下市長の大学時代の同級生の弁護士で,民間人任用です。橋下市長はこの校長からメールで知らされたようです。橋下市長は「起立斉唱の職務命令が出ているのだから、口元を見るのは当たり前で素晴らしいマネジメント」と述べています。

件の校長,教頭は歌っていたのでしょうが,彼らの心は歌にはなく,だだひたすら教員の口元を監視し続けたその賤しさにうんざりしてしまいます。そのうちに本当に歌っているのか,それとも「口パク」なのか,教員の1人1人の口元に耳を寄せて確かめ出すかも知れません。

そもそも,昨年の6月に制定された大阪府の「国家斉唱条例」の第1条(目的)にいう「教職員による国歌の斉唱」が何故「府民とりわけ次代を担う子どもが伝統と文化を尊重し、それらを育んできた我が国と郷土を愛する意識の高揚に資する」ことになるのか,またそれが「他国を尊重し、国際社会の平和と発展に寄与する態度を養うこと」につながるというのはどの様な論理なのでしょうか。私にはひとかけら論理もないように思われます。

あるのは条例の提案理由の末尾の「府立学校及び府内の市町村立学校における服務規律の厳格化」だけのように思われます。

なお,先日行われた政府主催の「東日本大震災1周年追悼式」での「国歌斉唱」時に,テレビ映像の限りでは天皇,皇后はきゅっと結んだ唇をいささかも動かすことはありませんでした。
[PR]

by gakis-room | 2012-03-14 22:06 | つれづれに | Comments(9)
Commented by korima at 2012-03-14 22:40 x
この記事を読んでわたしも気分が悪かったです。
ローカルニュースを見なくなったのも
しょっちゅう市長が登場するからです。
テレビや新聞が報道すればするだけ
選挙は有利になるでしょうね。
飛び火しないように願うのみです。
Commented by saheizi-inokori at 2012-03-14 22:43
そうですね、天皇は歌いませんね^^。
石原でもさすがにやらないようなことを、ほんとに稚拙・幼稚です。
高校時代の応援練習を思い出しました。
Commented by tdjnanashi at 2012-03-14 23:21 x
生徒にルールを守らせる立場である教職員であるならば、「式の時には国歌を歌う」というルールを守るのは当然のことではないのでしょうか?それでいて生徒側にルールを押し付けるのは全くもって間違っていると思います。
それに、天皇陛下と一教職員では立場も背景も違い過ぎます。同じように扱うのは、どうもお門違いであるように思えます。
Commented by 高麗山 at 2012-03-15 00:26 x
日々歯がゆさに臍を噛んでいます!

tdjnanashiさん”天皇陛下と一教職員では立場も背景も違いすぎます。同じように扱うのは・・・”    そのようなシンボルで在るのなら、象徴としての存在を認めたくありません!!!
Commented by tdjnanashi at 2012-03-15 00:55 x
それなら勝手に他の国へ越すなりすればいいでしょうに……。その自由は憲法で保障されているのですから。 >>高麗山さん
ともかく、公立校の教職員で国歌を歌うことに抵抗を示す方達は、職業選択の自由を行使すべきだと思いますね。このような場所で議論を繰り広げるのも失礼かと思いますので、これ以上はやめておきますが。
Commented by gakis-room at 2012-03-15 10:36
korimaさん,
確かに話題性は多いようですが,
その話題のありように問題が多すぎるように思います。
Commented by gakis-room at 2012-03-15 10:41
saheiziさん,
この人には「多様性」は無縁です。
稚拙で幼稚であっても,それが一定の期待を呼ぶところに問題の所在がありそうです。
Commented by gakis-room at 2012-03-15 10:57
tdjnanashiさん,
ルールは守るべきもの,と言う以前にルールの妥当性を確かめておくと言うのが法の普遍性だと思います。「悪法も法なり」はけして正しい格言とは思いません。

天皇もまた法に拘束される存在です。ですからその法の妥当性がいつも確かめられなければなりません。天皇を法を超えた存在と考えるのも1つの価値観ですが,この国の法体系はその価値観を根拠として成り立ってはいません。
Commented by 高麗山 at 2012-03-15 12:01 x
tdjnanashiさん
“それなら勝手に他の国へ越すなり・・・”   それを言ってしまえば、民主主義を論じる資格はありません。。。


<< たまにはおしゃれにランチ      久し振りの入り日です >>