2012年 02月 28日
「報道の自由を制限するつもりはない」だって,産経の記者会見出席を認めた前原政調会長
その報道内容が「許容限度を超えている」として,記者会見から産経新聞を排除した民主党の前原政調会長は,きょうの夕方に開かれてた記者会見で産経新聞記者の出席を認めました。

こちらは産経新聞記者とのやりとりです。

排除理由について,「文書回答をもらっていない」としていましたが,現段階で文書回答がなされたわけではありません。ですから「早い段階で文書を求めたい」としていますが,23日の状況は何も変化していません。では,なぜ今夕の記者会見に産経新聞の出席を認めたのでしょうか。

その理由は産経新聞記者とのやりとりからは伺うことはできませんが,結果として悪ガキの悪態,「言うだけ番長」になってしまっています。「番長」なる悪態が妥当かどうかは別にして,前原氏の言葉の軽さは相変わらずです。
[PR]

by gakis-room | 2012-02-28 20:29 | つれづれに | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://gakisroom.exblog.jp/tb/15500281
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by saheizi-inokori at 2012-02-28 21:28
軽いというよりも意味不明ですね。
やっぱり番長の資格なしです。
Commented by gakis-room at 2012-02-29 08:18
saheiziさん,
存在自体が軽いのかも知れませんね。
Commented at 2012-02-29 14:53
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by gakis-room at 2012-02-29 19:29
カギコメさん,
お久しぶりです。
うまくいくといいですね。吉報を心待ちにしています。


<< 春です      私の引き籠もりの歌,「でんでら... >>