2012年 02月 04日
立春あれこれ
d0006690_1836387.jpg立春  春の気たつを以て也(暦便覧)

二十四節気は1年を24等分した「区切り」と「区切りの期間」のことを言います。「区切り」で言えば「きょうは立春」です。「区切りの期間」で言えば「きょうから立春」です。19日の「雨水」の前日の18日までです。

私には不明ですが,「定気法では太陽黄経が315度」の時を含む日が「区切りとしての立春」だそうです。今年の場合,「太陽黄経が315度」となるのはきょうの19時22分のようです。

立春の日に,禅寺では門に「立春大吉」と書いた紙を貼る習慣があるそうです。縦書きの「立春大吉」は左右対称で1年間災難に遭わないというおまじないなんだそうです。なぜ「災難に遭わない」のかは私には分かりませんが,「ようやく厳しい冬が終った! さあ新しい季節のはじまりだ」ということでしょうか。

韓国では「立春大吉」とともに「建陽多慶」など幸せを祈る言葉を入り口に貼り付けるようです。写真は2月2日の朝鮮日報からです。
[PR]

by gakis-room | 2012-02-04 18:52 | つれづれに | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://gakisroom.exblog.jp/tb/15378283
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by gakis-room at 2012-02-06 09:36
鍵コメさん,
ありがとうございます。
「健陽」は「建陽」の打ち間違いでした。早速訂正します。

禅寺での風習とは別に,ご指摘の韓国では大門に貼るようです。「韓国では…」と区別したつもりでしたが。
Commented by gakis-room at 2012-02-06 17:11
鍵コメさん,
高麗時代のことは知りませんが,朝鮮王朝時代は明,清の元号ないしは干支を使用していたようです。
朝鮮王朝末期に,冊封関係から脱却し,独自の元号,建陽(1896−1897),光武(1897−1907),隆熙(1907−1910)を使用しました。
Commented by gakis-room at 2012-02-08 10:32
pinoさん,
ご紹介ありがとうございます。
3月中旬まではちょっと手一杯なので…。
Commented by gakis-room at 2012-02-08 18:42
pinoさん,
はい,ありがとうございます。


<< 「近くの公園」の白梅の蕾がほこ...      落花生地域が拡大? 節分の豆まき >>