2012年 01月 26日
真冬に紅葉する,オタフクナンテン
d0006690_16183726.jpgオタフクナンテン メギ科  ナンテン属

漢字では「お多福南天」,なぜ「お多福」なのかは私には不明です。ネットで調べてみましたが、この木についての情報はとても少なく,多くは植木,苗木の通信販売のものばかりでした。

江戸時代に品種改良されたようですが,何を品種改良したのかも分かりません。南天と違って実はつかないようです。

12月〜2月にかけて鮮やかに紅葉します。その紅葉の下をさぐってみると緑葉がぎっしりです。紅葉した葉が落ちた後の準備でしょうか。

背丈は40〜50センチまでで,グランドカバーや植え込み,鉢植えに使われるようです。通販の記事では,「福多く,難を転じる」縁起物とのコピーがいくつかありました。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2012-01-26 16:58 | 花の手帳 | Comments(4)
Commented by saheizi-inokori at 2012-01-26 21:21
最近目につきます。不思議なことに今まであまり意識してなかったのです。
Commented by gakis-room at 2012-01-27 08:00
saheiziさん,
これまでも1度意識すると,あちこちにあることに気づきます。見えていなかったのです。
Commented by saheizi-inokori at 2012-01-27 10:19
あっちをみればこっちが見えなくなる。
すべてを平らな心で見られるようになることはありえないのでしょうね。
Commented by gakis-room at 2012-01-27 19:07
saheiziさん,
その時老僧曰く,「心で見るのじゃ」と,なんちゃって(笑)。


<< 1番花をようやく見つけました      連行される? 金正恩(キム・ジ... >>