2012年 01月 16日
風が強く,湿度の高い日は体感温度は低くなる
d0006690_18105218.jpg予想ではきょうの最高気温は9度でしたが,実際には5.2度と寒い1日でした。午後3時現在で4.9度でしたから,腰ひけながら外出をしました。帰宅は6時過ぎでした。午後6時の気温は3.7度です。

出かける時も,帰宅時も気温の割には寒さを感じませんでした。午後6時の気象,
  気温  3.7度
  湿度  56%
  風速  0.8m/s

この条件での体感温度は1.1度です。実際の気温と体感温度との差は2.6度しかありません。

それで「体感温度計算」の3要素のうち,湿度と風速を変化させてみました。当たり前と言えば当たり前ですが,風の強さは体感温度に1番の影響を与えます。風速2m/sの体感温度は,実際の気温よりも6度以上も寒く感じます。

意外であったのは,湿度は高い方が体感温度は低くなるようです。湿度の低い日,つまりは空気が乾燥していると寒く感じると思ってきたのは,湿度の低さと「放射冷却」のイメージを重なねていたからでしょうか。それで,風のある雨天の日は外出を避けるのがいいのですが,実際にはそうはいきません。
[PR]

by gakis-room | 2012-01-16 18:26 | つれづれに | Comments(0)


<< 久し振りに良く晴れた1日でした      きょうも「何もしない日」 >>