2012年 01月 13日
ハナナ(花菜)と菜の花
d0006690_1833522.jpgハナナ(寒咲系) アブラナ科 アブラナ属

ハナナ(寒咲系)でしょうか。「例の田舎道」を終わって,住宅街を抜けた駅の近くです。昨年の12月頃から咲いています。なんと早い「菜の花」だろうと思っていました。

調べてみると菜の花には違いがないのですが,菜の花の別名にハナナ(花菜),ナバナ(菜花)がありました。ハナナとナバナは
  ハナナ  鑑賞用
  ナバナ  食用
の使い分けのようです。そのハナナの寒咲き系のようです。ハナナの開花期は12月〜4月頃です。3・4月ともなれば菜の花(ナタネ)もハナナもナバナの区別もつきません。

d0006690_183834.jpgハナナと言えば,ムラサキハナナがありました。ハナダイコンを諦めて「オオアラセイトウ」と呼ぶことにした花です。別名をショカツサイ(諸葛菜)とも言います。

一昨年の3月の末に「名古屋の家」で見ました。こちらもアブラナ科ですが,オオアラセイトウ属です。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2012-01-13 18:39 | 花の手帳 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://gakisroom.exblog.jp/tb/15264685
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by saheizi-inokori at 2012-01-13 20:35
ナバナの香りが大好きです。
Commented by gakis-room at 2012-01-13 20:57
saheizさん,
香りまで気付きませんでした。
今度,確かめてみます。
Commented by 高麗山 at 2012-01-14 00:30 x
種類は分かりません、春先に近くの土手で新芽を摘みます。
開花も無く、緑一色なのですが湯がいて御付にしたりすると
はんなりと黄色みを醸し出したりします。。。
Commented by saheizi-inokori at 2012-01-14 08:55
面白いですね。このページを開くとその香りを感じます。
ほかのブログで焚火をみたら顔が一瞬暖かく感じました。
PC取り換えの効果かもしれないなあ。
Commented by gakis-room at 2012-01-14 12:09
高麗山さん,
菜の花のお浸しもいいですね。
鰹節かちりめんじゃこをかけたりして。
Commented by gakis-room at 2012-01-14 12:13
saheiziさん,
PCによって写真の雰囲気が異なりますね。
でも私のPCでは香りは感じられません。
これはPCの問題ではなく,持ち主の感性の問題です。
Commented by tona at 2012-01-16 08:40 x
風邪気味なのとお疲れなのとでよく眠れたのでしょうね。
医者の手を借りずに治るのが一番です。
菜の花のこの2種類の呼び方、混同してしまいそうです。ナバナを蒔いて食べたことがありますが、種がたくさん採れました。買うと高いから作り続ければいいのに、すっかりやめてしまいました。秋に蒔くのを忘れたからです。
Commented by gakis-room at 2012-01-16 09:50
tonaさん,
花菜と菜花,最初の部分に意味が込められているのですかね。
この時期に咲いているのが寒咲き花菜ということは分かるのですが…。
あとはごっちゃになります。


<< よく寝たなあ      寒中お見舞い申し上げます >>