2012年 01月 11日
拡大する地域間賃金格差
厚生労働省がきょう発表した「2011年の賃金構造基本統計調査」によると、基本給など所定内給与(昨年6月分)の都道府県別平均(速報)では最も高い東京が37万2900円,最も低い青森は22万2200円となり,都道府県別賃金格差は15万700円でした。昨年の最高の東京と最低の沖縄の差が14万900円でしたから,地域間格差はこの1年で1万円近く拡大しました。

「調査」によると,上位5都府県と下位5県は以下の通りです。
 
  東 京  37万2900円(前年差,+8.100円)
  神奈川  32万9800円(前年差,+4.900円)
  大 阪  31万5600円(前年差,−1,300円)
  愛 知  30万8900円(前年差,−3,600円)
  京 都  30万8300円(前年差,+11.100円)

  青 森  22万2200円(前年差,−4.300円)
  沖 縄  22万3100円(前年差,− 800円)
  山 形  23万2700円(前年差,−4,500円)
  宮 崎  23万3800円(前年差,−1.700円)
  秋 田  23万3900円(前年差,+4.500円)
  
なお,昨年に比べ24都府県が増加したのに対し,減少したのは23道府県でした。うち増加幅が最大だったのは奈良の1万9300円(平均賃金29万8300円)で、逆に最も減少したのは山口の1万900円(平均賃金26万1900円でした。もっとも奈良の増加額が最大であっても,基本的に年金生活者の私にはまったく無関係です。

調査は,10人以上の常用労働者を雇用する民間の6万2004事業所のうち,有効回答を得た4万5818事業所からのものです。なお,所定内給与とは毎月支払われる給与から時間外,深夜,休日労働などの手当てを差し引いた額です。
[PR]

by gakis-room | 2012-01-11 19:51 | つれづれに | Comments(2)
Commented by saheizi-inokori at 2012-01-11 21:58
グローバル経済、輸出振興はますます地域間格差も拡大させますね。
Commented by gakis-room at 2012-01-12 07:43
saheiziさん,
格差の変移はどうなっているのか,ちょっと気掛かりです。


<< 寒中お見舞い申し上げます      あるべきものがない >>