2011年 12月 23日
きょうは「テレホンカードの日」だそうです
d0006690_922465.jpg1982年のきょう,東京の数寄屋橋公園にカード式の公衆電話の第1号が設置されました。29年前のことです。それで,きょうは「テレホンカードの日」だそうです。

その後,どれだけの早さでカード式公衆電話が普及したのかは分かりませんが,市外電話をかける時,あらかじめ小銭を用意しなくてもよくなった便利さをから私もいつのまにか何枚ものカードを持つようになりました。自ら購入した記憶はほとんどありませんから,粗品としていただいたものかと思います。

その後,携帯電話,インターネットが急速普及して,テレホンカードの必要がかくなり,同時に公衆電話も設置台数も減少しました。

【携帯電話の普及率】 (総務省調査)
  1995年3月   3.5%
  2000年3月  40.4%
  2005年3月  68.1%
  2010年3月  87.8%

【公衆電話設置台数】
  2000年3月  73万5812台
  2005年3月  44万2302台
  2010年3月  28万3161台

この10年間で,公衆電話設置台数が62%も減少しました。私も携帯電話を持つようになってから,当然のこととしてテレホンカードを持たなくなりました。それで,きょう,引き出しをみたら8枚ほどのカードが出て来ました。その中の2枚です。左のものを持つにいたった経緯は良く覚えていますが,右のものはなぜ手元にあるのか分かりません。

ウインドウズ95からはまだ16年です。ワープロ,パソコンを含めて通信・事務機器の進化の速さにはいまさらながら驚かされます。テレホンカードを知らない年代は何歳なんでしょうか。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2011-12-23 18:58 | つれづれに | Comments(6)
Commented by haruneko3 at 2011-12-23 20:10
テレフォンカード。
死語になりつつあるのでしょうか。。。。。。
オタカサン!カメラ目線!スゴイ。」
Commented by 高麗山 at 2011-12-24 00:40 x
小型になったドコモの携帯電話、「県内での申込者第5番目です!」と言われたことがありました。
Commented by gakis-room at 2011-12-24 08:02
haruneko3さん,
テレフォンカード,きっと死語になりつつあると思います。
ネットで買い取り価格をみたら,50度数(500円)のものが200円でした。

オタカサンも若い人には「who」でしょうね。
Commented by gakis-room at 2011-12-24 08:04
高麗山さん,
いやー,流行の最先端を歩んでおられたのですね。
Commented by saheizi-inokori at 2011-12-24 22:48
テレカはどっかにあるはず。オレカは毎日のように使ってます。関西ではなんと云ったかな。
Commented by gakis-room at 2011-12-28 20:05
saheiziさん,
コメント返しが遅くなりました。
オレカとはオレンジカードのことでしょうか。
それに対応するのは関西ではイコカとおもいます。


<< 寒波がやって来た      冬ですねえ,冬至ですから >>