2011年 12月 15日
イチョウの落葉は最晩タイ
d0006690_1934138.jpg奈良地方気象台の「植物季節観測表」がきょう更新されて,きょうが「イチョウの落葉日」だそうです。これは観測史上(いつからでしょうか)では最晩の日と同じです。「いろいろある」風に言えば1位タイです。

気象台の「落葉日」の定義では「対象とする落葉樹の葉の約80%が落葉した最初の日をいいます」ですが,「近くの公園」イチョウはすっかり落葉を終わっています。

「植物季節観測表」のいろはかえで(イロハモミジ)の落葉はすでに過ぎた12月13日です。「近くの公園」のイロハモミジの紅葉はすでに盛りをすぎていますが,光の当たり具合によってはまだ紅葉中です。

とはいえ,明日の最高気温は7度の予想です。きょうの14.5度からは大違いのこの冬1番の冷え込みのようです。おそらくは外出をしないと思います。しかし,「何もしない日」を2日で終えるつもりでいるのですが…。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2011-12-15 19:30 | つれづれに | Comments(0)


<< 1311歩      なにもしない日 >>