2011年 12月 04日
迷うほどのことはなかった「私の迷い」
d0006690_1551521.jpg奈良地方気象台の「植物季節観測表」では今年のイチョウの黄葉は11月26です。それから9日を経たきょうですが,私の住む当たりでは落葉の真っ最中です。

落ち葉の道を歩くと,イチョウでもカサッと小さな音がして,その音がなんとなく心地よさを誘います。

ところで,12月1日の「私の迷い」ですが,迷うほどのこともありませんでした。カテゴリは「花の手帳」,そして「いろいろある」,これが結論です。

きょう,ふと「桜の開花」ならどうしただろうかと思いました。それで,「桜の開花」を検索してみると,予想どおりこれまで「桜の開花」を「花の手帳」とし,タグも「3月の花の手帳」としてします。ならば,「イチョウの黄葉」同じことです。

「植物季節観測表」では「うめ(開花)」から「いろはかえで(落葉)」まで20項目ありますが,これまで私が主として気にしてきたのは「そめいよしの(開花)」と「イチョウ(黄葉)」の2項目だけです。迷いはその全部を対象にしなくてはならないか,ということでした。

セレクトしても別段おかしくはありません。また,「いろいろある」についても,奈良地方気象台の「観測史上1~10位の値」を元にしていますが,参照しているのはその一部です。

何のことはありません。これまでしてきたようにすれば良かっただけのことです。12月1日の記事のカテゴリを「花の手帳」,タグを「12月の花の手帳」と先ほど改めました。「迷いの楽しみ」が意外に早くなくなって少し気が抜けた感じになっていますが。


※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2011-12-04 16:36 | 花の手帳 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://gakisroom.exblog.jp/tb/15053354
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 12月10日は皆既月食ですが…      昨日の気温はほぼ右上がりの1日でした >>