2011年 11月 26日
寒い朝,しかし,晩秋がなくなりそうです
d0006690_10383634.jpg今朝は昨日以上に寒い朝でした。朝の最低気温は1.5度でした。

この所の気温の低さから,街路樹の黄(紅)葉も一気に進んだようです。奈良地方気象台の「植物季節観測表」では今年のイチョウの黄葉はまだですが,対象となるイチョウにまだ緑色が残っているのでしょうか。

【紅(紅)葉の定義】 
紅(黄)葉日とは対象とする植物を全体として眺めたときに、その葉の色が大部分紅(黄)色系統の色に変わり、緑色系統の色がほとんど認められなくなった最初の日をいいます。


奈良のイチョウの黄葉は以下の通りです。
  平 年  11月13日
  最 早  10月17日
  最 晩  11月25日
  一昨年  11月20日
  昨 年  11月19日

今年はイチョウの黄葉の最晩を更新しそうな感じです。この5日間は平年を下回っていますが,それまでは最高気温も最低気温も平年を上回る日が続いていました。明日からの1週間は平年をかなり上回りそうです。

今年はイチョウの黄葉の最晩の更新だけでなく,「晩秋」もなくなりそうです。風流とは無縁な私ですが,ちょつと味気ない感じがしないでもありません。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2011-11-26 11:26 | つれづれに | Comments(0)


<< こんな小春日和には      ようやく冬めいて >>