2011年 11月 24日
鮮やかな紫色です,オオムラサキツユクサ
d0006690_1735421.jpgオオムラサキツユクサ(大紫露草)
ツユクサ科 ムラサキツユクサ属

オオムラサキツユクサでしょうか。北アメリカ原産で,昭和初期に渡来したようです。

背丈は50センチ位でした。大きいものになると1メートル近くなるそうです。

オオムラサキツユクサとしましたが,「トラデスカンティア・アンダーソニアナ」かもしれません。

こちらはムラサキツユクサとオオムラサキツユクサとの交雑による園芸種で,和名はないようです。そして,オオムラサキツユクサの名で流通しているようです。この花色は,白,紫,青,青紫,赤紫,淡紅と多様です。

d0006690_1735318.jpg花径は2.5センチくらいでした。大きいものは5センチ近くになるようです。

3弁の花はトキワツユクサに似ていますが,トキワツユクサは遙かに小型です。

しかし,同じツユクサ科でもツユクサ属のツユクサとは余り似ていません。まあ,属が違いますから当然と言えば当然です。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2011-11-24 11:24 | 花の手帳 | Comments(0)


<< ようやく冬めいて      脱原発は可能? 東電が試算 >>