2005年 08月 08日
ウォーターボーイズ
先日テレビを付けたら「全国高校ウォーターボーイズ選手権大会」なるものをやっていました。ウォーターボーイズ,映画にもありましたが男子高校生によるシンクロナイズドスイミングです。

私は映画を見ていませんでしたから男子のシンクロナイズドスイミングははじめてでした。これまで男子のシンクロナイズドスイミングって何となくグロっぽいと思っていましたが,結構おもしろくて最後まで見てしまいました。

以下,気のついたことを書きます。
女子と違って,鼻ピンチ(正しくは何というのでしょうか)をしていません。試合前に団体ゲームの場合,円陣を組んで右手を出し合って気合いをかける場面がよくありますが,それを右足でやっていたチームもあり,笑ってしまいました。

演技はプールサイドでのダンスから始まります。それが終わっていよいよ水中での演技です。大業,力業が多くなかなかのものです。長い潜水の足技もありました。何よりも演技中にシンクロ独特の作り笑いがないのにも好感が持てました。

番組構成は,実況を含めてかなりショウ化されており,違和感がなかったわけではありません。特に夜間になった決勝戦ではカクテル光線が演技を見にくいものにしていましたが,2時間近くを楽しみました。ちなみに初代チャンピオンは鈴鹿高専,2位は清真学園(茨城県)でした。
[PR]

by gakis-room | 2005-08-08 01:57 | つれづれに | Comments(0)


<< 小泉首相の二つの間違い      花火大会 >>