2011年 10月 29日
シソ科の花はやはりおもしろい,スイートバジル
d0006690_14362113.jpgスイートバジル シソ科 メボウキ属

「例の田舎道」です。スイートバジルと教えていただきました。バジルは英語,バジリコ(Basilico)はイタリア語です。

背丈は40−50センチほどです。

日本には江戸時代後期に入ってきて,和名は「目箒(メボウキ)」と呼ばれたそうです。なんでも,種子を水に浸すとゼリー状になり,これで目に入ったゴミを取り除いたことに由来するとのことです。

ならば,鑑賞用,食用ではなく,もっぱら薬草だったのでしょうか。古代ギリシャでは「王家のハーブ」と呼ばれ,王宮の人々に香水として用いられていたそうです。

d0006690_1436970.jpgシソ科独特の形をした花の大きさは1.5センチ位です。

麺類は好きですが,イタリアンパスタはほとんど食べません。スイートバジルは買い求めたことはありませんが,サラダとしてホテルの朝食のバイキングでは食べたことがあるかも知れません。しかし,識別したことはありません。

ところで,洋菓子・和菓子類を最近ではスイーツというようですが,いつ頃からのことなのでしょうか。私には使いにくいことばです。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2011-10-29 17:00 | 花の手帳 | Comments(8)
Commented by ume at 2011-10-29 18:44 x
>スイーツ、私には使いにくいことばです。
私もです。甘党ですが「スイーツ」は使いません。
>麺類は好きですが,イタリアンパスタはほとんど食べません。
私も同様です。アオジソはソーメンの友として欠かせません。ume農園の必須作物です。

Commented by gakis-room at 2011-10-29 19:55
umeさん,
アオジソ,ミョウガ,ともにソーメンの友ですね。
いいかげんな私は焼き海苔とワサビだけでいただいています。
Commented by 高麗山 at 2011-10-29 22:43 x
私は山賊派です。
冷や奴も全て、ネギに生姜、鰹節を添えて戴きます。
むろん、湯どうふも同様です。必ず添えるのが”かんずり”
です。
Commented by gakis-room at 2011-10-30 07:26
高麗山さん,
「かんずり」を初めて知りました。確かに合いそうですね。
ところで,「山賊派」とはどういうことでしょうか。
Commented by 高麗山 at 2011-10-31 09:57 x
定かな知識はありませんが、湯どうふには昆布以外の海の物を
使わないのが、京都を中心に関西風の湯どうふだそうです。
鰹節等を入れると下種な味となると蔑んだそうです。
Commented by gakis-room at 2011-10-31 15:01
高麗山さん,
鰹節を使わないと言うことですね。
それを「山賊派」というのですか。
Commented by 高麗山 at 2011-11-01 00:18 x
いえいえ

鰹節を使うのが”山賊”です。。。
Commented by gakis-room at 2011-11-01 08:10
高麗山さん,
またやってしまいました。
「鰹節だけしか使わない」と書くつもりでした。


<< 雨の日は      車輪に見立てて,オグルマ >>