2011年 10月 18日
「秋の夜長」って?
d0006690_17214760.jpgあれ松虫が,鳴いている
ちんちろちんちろ,ちんちろりん
あれ鈴虫も,鳴きだした
りんりんりんりん,りいんりん
秋の夜長(よなが)を,鳴き通す
ああおもしろい,虫のこえ

「虫のこえ」です。なぜ「秋の夜長」なんでしようか。夜時間が1番短い季節は,つまりは昼時間が1番短い時は冬至前後なのですが,「冬の夜長」とは余り聞きません。

冬は寒さにちぢこまり,身動きが取りづらいけれで,秋は肌寒さはあっても,身動きにはさしさわりもなく,時間の過ぎるのがなんとなくゆったりとしているからでしょうか。

ならば,春はどうなんでしょうか。「ゆく春を惜しむ」夜なんて,夜長ではないでしょうか。しかし,夜時間は少しずつ短くなっていくわけですから,夜長とは感じないのでしょうか。

秋は次第に夜が長くなっていくから「秋の夜長」でいいのかもしれません。

写真は彩生堂工房の中西理恵子さんの個展「秋色日和」からです。※クリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2011-10-18 18:01 | つれづれに | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://gakisroom.exblog.jp/tb/14781005
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ume at 2011-10-18 21:06 x
過ぎ去った夏との比較で「夜長」は実感なんでしょうが、近年は、虫の声が静かになってきたような気がします。それにしても、秋の夜長にうってつけの、しゃれた灯りをお持ちですね
Commented by gakis-room at 2011-10-19 07:40
umeさん,
この灯り,残念ながら,私のものではありません。
中西理恵子さんの個展の展示を撮ったものです。
Commented by saheizi-inokori at 2011-10-20 10:15
昨夜の飲み屋でこの噺をしましたが、残念なことにオカミサンは問題の意味がわからないようでした。
Commented by gakis-room at 2011-10-20 16:54
saheiziさん,
あれこれよしなしごとを考えないで,秋の夜の酒は,静かに飲んでいればいいだけのことかも知れません。


<< 喫煙者率はこの11年で10%減...      初めてのオペラ >>