2011年 10月 17日
初めてのオペラ
d0006690_1775585.jpg昨日,誘われてオペラを観に行きました。分かりもしないのに,誘われるとついホイホイと乗ってしまうところが悪いクセです。

初めてのオペラです。大阪音楽大学創立100周年記念プロジェクトとかで,第48回オペラ公演です。場所は大阪音大の「ザ・カレッジ・オペラハウス」です。

座席数は1・2階併せて500余のなかなか立派な建物です。満席でした。

演目はベンジャミン・ブリテン作曲の「ねじの回転」です。

d0006690_6212449.jpgオペラ「ねじの回転」はヘンリー・ジェイムズの中編小説がもとになっています。ジェイムズは米国生まれですが,イギリスで活躍した小説家で,英米心理主義小説の先駆者だそうです。ブリテンもイギリスの作曲家ですから,イギリスオペラというところでしょうか。

2幕16場,2時間のオペラでした。英語はさっぱりの私ですから,ストーリーを追わず,ただ音楽だけを聴くという鑑賞の仕方もあったかと思います。

しかし,なにせ,原作は現実と幽霊との対話と葛藤という心理小説ですから,ついついストーリーと歌の意味が気になります。それで舞台左右の字幕でストーリーを追いながら,舞台を見,時として音楽を聴くという,およそオペラ鑑賞とはほど遠い2時間でした。

どうも私には日本語オペラならともかくも,オペラ鑑賞は不向きなようです。とはいえ,部台美術の斬新さに感心しながらの退屈をしなかった2時間でした。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2011-10-17 17:38 | つれづれに | Trackback(1) | Comments(4)
トラックバックURL : http://gakisroom.exblog.jp/tb/14771347
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from オペラの夜 at 2012-04-02 06:38
タイトル : ブリテン「ねじの回転」op.54
<第48回オペラ公演・プレミエ/20世紀オペラ・シリーズ> 2011年10月14日(金)18:30/大阪音大ザ・カレッジ・オペラハウス 指揮/十束尚宏 ザ・カレッジ・オペラハウス管弦楽団 演出/岩田達宗 美術/増田寿子 照明/原中治美 衣裳/半田悦子 家庭教師/井岡潤子 マ...... more
Commented by ume at 2011-10-18 04:48 x
>オペラ鑑賞
バレー(≠バレーボール)と並んで私の未体験ゾーンです。いつかきっととは思いますが、田舎住まいの環境では、今後も望み薄。youtubeで我慢します。
Commented by gakis-room at 2011-10-18 07:23
umeさん,
バレーは私も未体験ゾーンです。
Commented by saheizi-inokori at 2011-10-18 10:16
若い頃、日本語でやるオペラをラジオから聞こえてくるとどうにも不自然で滑稽ですらありました。
長ずるに及んで好きになりましたが、なんせ高い!あれだけのメンバーが大挙して来日し素晴らしい舞台を作るのですから無理からぬことだとは承知はしてますが。
Commented by gakis-room at 2011-10-18 17:10
saheiziさん,
外国人の公演の場合はやもうえないでしょうが,やはり,意味を知りたいですね。
訳詞の手間暇の問題があるのかも知れませんが。


<< 「秋の夜長」って?      神を超えたドラえもん,子ども神... >>