2011年 10月 03日
生きている蚕を初めて見ました
※写真はクリックすると拡大します。
d0006690_16224870.jpg生きている蚕を初めて見ました。体長は5センチくらいです。

蚕は4回脱皮するようです。以下はその呼び方です。

  孵化・1齢  
  3〜4日 1眠・脱皮  2齢
  2〜3日 2眠・脱皮  3齢
  3〜4日 3眠・脱皮  4齢
  6〜8日 4眠・脱皮  5齢

4齢の頃から糸を吐き出すそうです。これは5齢です。

このころになると食欲は旺盛で,一生の食事の80%以上は5齢期に食べるそうです。当然,その分だけ糞も多くなります。黒いものが糞です。

d0006690_16223365.jpg蚕の顔です。ちょっと愛嬌があります。背中の対になった月形の模様が面白いと思いました。

蚕の食事と言えば,桑の葉です。飼育には桑の実を潰して作った平べったい練り物を与えます。緑色の物がそれです。

d0006690_1622222.jpg5齢の蚕は約7日経つと食事を止めます。

これを熟蚕(じゅくさん)というようです。

適当な位置を決めて,繭になっていきます。

d0006690_16214426.jpg繭の完成です。浮いています。

繭は白いものだとばかり思っていましたが,遺伝の関係で黄色,ピンク色,緑色のものもあるようです。

なお,きもの一着分,1反分(36cm×11.4m)の絹織物には繭約2600粒(生糸900g)が必要だそうです。
[PR]

by gakis-room | 2011-10-03 17:02 | つれづれに | Comments(4)
Commented by saheizi-inokori at 2011-10-03 18:08
触ってみましたか。ひんやりと気持ちがいいですよ。
蚕棚の近くにいるとざわざわと蚕が桑の葉を食べる音がしました。
Commented by gakis-room at 2011-10-03 18:53
saheiziさん,
糸の感触を確かめましたが,蚕には触りませんでした。
せっかくの機会でしたのにね。

桑の葉と言えば,「桑の葉」という映画を観たのが韓国映画の最初だったと思います。「マーニム」が最初だったかな。
Commented by 高麗山 at 2011-10-03 22:44 x
小学3~4年時に、養蚕の実習があり当番で
農場へ桑の葉を摘み取りに行きました。
繭の総収量は1貫500匁とだけ聞きました。
その後は如何したのでしょうネ?
Commented by gakis-room at 2011-10-04 07:32
高麗山さん,
養蚕の実習があったのですか。
繭の総量,1貫500匁=5.625㎏。かなりの量ですね。
如何したのでしょうか,気になりますね。


<< 果たして効果は?,韓国の広告列車      「冷え込み」って何でしょうか >>