2011年 08月 22日
回答のお礼は千円の図書カード,JTの世論調査
d0006690_949871.jpgJT(日本たばこ産業)から封筒が来ました。宛名の左に「たばこについての世論調査 調査票在中」とありました。いったいヘビースモーカーの私をどの様に知ったのだろうか,と思いました。

開封してみると,「お願い」なる文書があり,喫煙,非喫煙に関係なく,「統計調査の手順にしたがって」住民基本台帳から無作為抽出したものだそうです。これまでも関わり知らないダイレクトメールが送られて来たことは何度かあります。その度に,「売られた名簿」によるのかなと思ってきました。

しかし,住民基本台帳が閲覧できるとは知りませんでした。

住民基本台帳法の第十一条の二の第2項の一に

「一  統計調査、世論調査、学術研究その他の調査研究のうち、総務大臣が定める基準に照らして公益性が高いと認められるものの実施」

の場合には市町村長は閲覧させることができるとあります。

たばこ会社の世論調査がどの程度公益性が高いか私には「?」ですが,面白いと思ったのは調査のお礼の粗品として1000円の図書カードが同封されていました。あらかじめお礼を同封するのは非喫煙者からの回答を期待してのことでしょうか。

内閣支持率等の世論調査は多くの場合1000〜2000人がサンプルですが。この1000円の粗品付きのサンプルは何人なのか,調べてみました。昨年は5月の実施でしたが,そのサンプルは32000人でした。JTは粗品代だけでも3200万円を準備したのでした。

その効果でしょうか,アンケートに答え,且つ投函するという手間暇にも拘わらず回収率は64%でした。くじ運には極端に弱い私ですが,64%の1人として,1000円の図書カードをありがたく頂戴しました。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2011-08-22 18:59 | つれづれに | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://gakisroom.exblog.jp/tb/14396499
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 全国4位,きょうの奈良の最高気温      この涼しさは >>