2011年 08月 16日
奈良県の65歳以上の熱中症による救急搬送は全国14位
d0006690_18461549.jpg消防庁によると8月8日〜14日の「熱中症による救急搬送人数等」(速報値)は7071人で,前週の3400人の倍以上になっています。その「年齢別」内訳は以下の通りです。

  28日〜6歳    0.7%
  7歳 〜17歳  10.9
  18歳〜64歳   44.9
  65歳以上     43.9

予想通り老人比率の高さが断然際だっています。また,5月30日〜8月14日までの「人口10万人当たりの救急搬送人数」の県別統計では,奈良県は32.65人で,全国14位です。

奈良県在住にして65歳以上の2条件を満たす私が熱中症に脅えて引き籠もりになるのは道理に適っているのかも知れません。きょうの最高気温は「猛暑日」にこそなりませんでしたが,34.6度でした。

当然のこととして,きょうも私は買い物にも行かず,終日引き籠もりでした。

※きょうの夕日です,クリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2011-08-16 19:25 | つれづれに | Comments(4)
Commented by 高麗山 at 2011-08-17 01:14 x
在職中、関係者が発症してICUに1カ月近く通い詰めた
苦い経験があります。
当初意識がはっきりしている状況でも、医師は間もなく意識が
混濁してくる状況をハッキリ伝えます。動脈血の異常を介しての
判断だったようです。
水分摂取状況によって、血液成分がアルカロ―シスになるか、アシド―シス状態になるかの大きな変動によって、内臓諸器官に多大な損傷を
与えるそうです。平たく言えば、内臓が火傷を起し取れ返しのつかない状態になることが、生理学的現象だそうです。
我が次兄は、後日適切な助言有難うと伝えてきました。
Commented by saheizi-inokori at 2011-08-17 09:29
水のうまさ、ありがたさをしみじみ感じる毎日です。
Commented by gakis-room at 2011-08-17 09:53
高麗山さん,
デスクワークをしていないときは,これまでは汗をかくのをそんなに厭わなかったのですが,最近はそれも気になりだしました。
「暑い」という感覚が鈍ってきているにちがいないと思うからです。
Commented by gakis-room at 2011-08-17 09:55
saheiziさん,
暑さも明日頃までのようですが,昨年は16日から連日の猛暑日でした。
良く乗り切れたものだと思っています。


<< もう1日の辛抱です,この暑さとの別れ      笑ってしまいました,66回目の... >>