2011年 08月 07日
危険だから私は使わないが,売り続けましょう?
菅首相は「脱原発依存」を繰り返しています,昨日の平和記念式でも「これまでの(原発の)『安全性神話』を深く反省し…『原発に依存しない社会』を目指す」と挨拶しました。しかし,首相は7月15日の衆議院本会議で「脱原発依存は個人の考え方」であって政権の方針ではないと説明しています。

しかし,これはこれまでのような政権の方針とは無関係な首相の「言葉遊び」では済まされなくなっています。明らかに政権方針とは真逆の発言です。5日の閣議では「諸外国が我が国の原子力技術を活用したいと希望する場合には,世界最高水準の安全性を有するものを提供するべきだ」として「原発輸出は当面継続する」との方針を記した答弁書を決定しています。

内閣の方針としては「原発輸出は当面継続」するが,内閣総理大臣としては「脱原発依存」というちぐはぐさ,「言葉遊び」もここまで来ればおぞましい限りです。

「危険だから(店主である)私は使わないようにしていくが,買いたいと言う人がおれば店として売り続けたい」ということでしょうか。内閣の方針に反した発言をする(総理)大臣は,普通は罷免されるのですが…。

今年の夏は,きょうまでのところ昨年ほどはないようですが,息苦しい思いはひとしおです。やれやれ。
[PR]

by gakis-room | 2011-08-07 11:57 | つれづれに | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://gakisroom.exblog.jp/tb/14274534
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 立秋,残暑お見舞い申し上げます      訂正 「少年探偵団のうた」は4... >>