2011年 08月 02日
後半は凌ぎやすい月でした,7月の気温
d0006690_8363947.jpg【最高気温】
前半は暑い日が続きました。7月最高気温の観測史上1位は「超えよ,94年」の1994年の34.0度ですが,それに迫りそうな勢いでした。

しかし,歩みの遅かった台風6号とその後の高気圧の配置によるのでしょうか,後半は平年以下の日が続きました。そして,終わってみれば,ほぼ平年並みでした。

【最低気温】
最低気温も最高気温と同じように中旬までは高めで推移しました。奈良の7月の最低気温が25度を上回ることは滅多にありませんが,7月20日の25.5度は観測史上9位タイです。下旬からは平年以下の日が続きましたが,最低気温の月平均,22.6度は観測史上8位の高さです。

さてさて8月はどうなるのでしょうか。きょうから11日までの10日間は「奈良の暑さの上限,32.9度」です。7月30日発表の「近畿地方 1か月予報」によれば,平年より高い格率は以下の通りです。昨日の最高気温は29.7度でした。きょうは30度の予想です。

  7月30日~8月5日  10%(低い格率,50%)
  8月6日~8月12日  30%(低い格率,30%)
  8月13日~8月26日  40%(低い格率,20%)

「7月のいろいろある」
日最低気温の高さ     9位タイ 25.5度
最低気温の月平均の高さ  8位   22.6度
梅雨明けの早さ      3位   7月8日
d0006690_8362948.jpg

[PR]

by gakis-room | 2011-08-02 08:41 | つれづれに | Comments(0)


<< 「中国鉄道事故と鉄道省の処理」...      異臭は葉だけです,ボタンクサギ >>