2011年 07月 21日
変化のない1日,何もしなかった1日
d0006690_17121777.jpg台風6号は大型のまま,依然としてゆっくりと,しかし,特異な軌跡をたどっています。

その余波でしょうか,きょうの奈良の最高気温は午前1時26分の25.9度(午後5時現在)と,平年より5.6度低く,5月下旬並です。最低気温は23.8度で,こちらは平年より1.5度高めです。

最高気温と最低気温の差は2.1度です。この寒暖差は,午後5時現在という限定つきですが,私が気温の記録を取り始めた2006年以降では3番目に変化のない日です。

何の変化のない1日と言うよりも,何もしない1日です。正直に言えば,気温の低さと時折部屋を抜ける風の涼しさ中で,昨夜の深酒の名残もあって午前中は半ば「死んで」いました。

先程まで録り貯めていた録画を見てはハードディスクから取り除いていました。その中の1つに,実際はリアルタイムでみていたのですが,女子サッカーWカップの決勝戦がありました。

延長後半12分の澤選手の右足,アウトサイドの同点シュートと海堀選手のPK戦1本目のスーパーセーブは見事の一言に尽きますが,素人の私が選んだベストプレーは延長後半16分の石清水選手の一発退場となったスライディングかなと思いました。

あのスライディングがなければ,アメリカ選手はゴールキーパーと1対1でしたから,アメリカの決勝点の確立はとても高かったのではないか思います。エリア内であれば,ペナルティキックだったと思われます。果たして専門家はなんと言うのでしようか。
[PR]

by gakis-room | 2011-07-21 17:12 | つれづれに | Comments(2)
Commented by saheizi-inokori at 2011-07-21 23:12
岩清水のプレーはファールではないと思いましたが。
優勝するために不可欠なプレーでした。
おそらく他にもたくさんそういうプレーがあってあそこまでいったのでしょうね。
Commented by gakis-room at 2011-07-22 10:37
saheiziさん,
ファールかどうかの判定は難しいですね,特に門外漢の私には。
それにしてもあのプレーの後のFKを凌いだことで,日本は精神的に優位に立ったように思いました。


<< もう一つの神話,原子力発電のコ...      台風と共に90デシベル(クマゼ... >>