2011年 07月 11日
あれから4ヶ月
d0006690_182575.jpgメディアで見る限り,復興の響きはいささかも聞こえてこない。フクシマはその姿をおぼろげすら見せないままだ。

愚鈍な首相の存在が事態をより悪くしているというのであれば,なぜ野党は政権委譲を要求しないのか。「政権たらい回し」を3度続けた後ろめたさなのか。なぜ「我々がやる」と言わないのか。「我々なら,こうする」といわないのか。言うべき内容を持ち合わせてはいないのか。

与党も同じだ。いや,与党である分だけもっと哀れだ。わいわいとかしましいが,「私がやる」,「私なら,こうする」とは誰も言わない。己にその才覚がないのであれば,せめて神輿くらいは示してもよさそうなものだ。それとも首相が退任すれば予定調和的に良くなるとでもいうのだろうか。

首相の続投を求めてているのでない。批判の空虚さに苛立っている。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2011-07-11 21:01 | つれづれに | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://gakisroom.exblog.jp/tb/14067808
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 高麗山 at 2011-07-11 21:45 x
“ 一人、頷いています ”
Commented by saheizi-inokori at 2011-07-11 23:06
人が変われば少しは、とも思いますが、多くは期待できないようです。とくに民主党は内部対立が大きすぎる。
政界再編が必須だと思いますが紆余曲折、しんどいことですね。
なんだか絶望的な気持ちです。
ストレステストなんて茶番でしょうし。
Commented by gakis-room at 2011-07-12 06:56
高麗山さん,
首相批判をして辞職する閣僚・党役員が何人か出れば,居座ることはできまい,と思うのですが…。
しかし,批判の大義名分がなくてはねえ。
Commented by gakis-room at 2011-07-12 07:01
saheiziさん,
鳩山内閣を除けば,国民の負託がない政権がすでに4代です。


<< 首相の言葉遊び,今度は「脱原発...      暑くなかった昨年の7月 >>