2011年 06月 13日
私が見たり,野中のノイバラ
※訂正  これはノイバラではなくテリハノイバラでした(2012年6月4日)
d0006690_18575135.jpgノイバラ バラ科 バラ属

「例の田舎道」です。ノイバラかと思います。あるいは「テリハノイバラ」かも知れません。「テリハ」は「照り葉」です。つまり,葉の光沢がとても強いようです。しかし,私には比較のしようもありません。

野バラともいい,日本原産で,日本の野生バラの代表種だそうですが,ノバラの種類はとても多く,ノバラの1品種というところでしょうか。

葉は5〜9枚からなる奇数羽状複葉(きすううじょうふくよう)です。奇数羽状複葉とは,たとえば左上の葉は9枚ありますが,1枚1枚は小葉で,9枚で1セットです。左右に対になっているので「羽状」,全部で9枚ですから「奇数」というわけです。

d0006690_18573330.jpg花径は3cmくらいです。ほのかな香りがあるとのことですが,まだ試みていません。

ゲーテの詩にシューベルト,ウェルナーが曲をつけた声楽曲に「野ばら」がありますが,そのノバラの花は「紅(くれない)におう」とありますから,白ではなく赤のようです。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2011-06-13 23:41 | 花の手帳 | Comments(0)


<< 久し振りの夕焼けに乾杯      大英博物館 古代ギリシャ展 >>