2011年 06月 11日
初めてみました,モミジの実
d0006690_16252754.jpgイロハモミジ カエデ科 カエデ属

イロハモミジでしょうか,「近間の公園」です。そのモミジの実です。

竹とんぼのような羽根を持っています。「翼果」というようです。秋になるとこの羽根を利用して,クルクル回りながら飛ばされる風媒花のようです。

実があるのですから,花もあります。しかし,花の時期は終わってしまったようです。花を見ることはできませんでした。

「来年はきっと見てやる」と意気込んではいますが,果たして覚えていることができるでしょうか。忘れてしまいそうです。

d0006690_16251369.jpg熟してきた実でしょうか。赤みがかっています。

なお,イロハモミジの名前の由来は,葉の裂片を数えるとき「イロハニホヘト」と数えたことによるそうです。しかし,7裂だけではなく5裂の葉も多いようです。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2011-06-11 16:38 | 花の手帳 | Comments(2)
Commented by 一生徒 at 2011-06-11 20:47 x
最近になってこのブログの存在を知りました。
なかなか趣深いブログですね。
今日も1つ知識が増えました。
毎日楽しみにしてます^^
Commented by gakis-room at 2011-06-12 06:41
一生徒さん,
ようこそ。
暑いの寒いのとか,こんな花を見たとか,つれづれの呟きだけの拙いブログですが,
これからもよろしく。


<< 大英博物館 古代ギリシャ展      こんなふうになってまいます,ホ... >>