2011年 06月 01日
雨の多かった5月でした,5月の気温
136年前のきょう,1875年6月1日,東京気象台が設立され,定時観測を始めました。それできょうは「気象記念日」だそうです。

そして,その9年後のきょう,1884年月6月1日に初めての「天気予報」が出されました。交番などに掲示されたそうです。その第1号の予報は以下のとおりです。
 「全国一般風ノ向キハ定リナシ 天気ハ変リ易シ 但シ雨天勝チ」

当たり外れから言えば,「完璧な当たり」です。

d0006690_1645732.jpg【5月の気温】
月平均で言えば,ほぼ平年並みと言えましょうか。しかし,寒暖差の大きな月でした。23日の最高気温16.5度は「いろいろある」にはなりませんでしたが,4月上旬並です。この日の午後のうたた寝が2度目の風邪の原因でした。

5月は雨の多かった月でもありました。梅雨入りは観測史上2番目に早い5月26日でしたが,そのせいもあって特に下旬は毎日のように降りました。「5月のいろいろある」です。

  5月としての1日の降水量の多さ  70.5ミリ  5月29日 6位
  5月としての月間降水量の多さ   292.5ミリ       3位

d0006690_1643329.jpg

[PR]

by gakis-room | 2011-06-01 16:05 | つれづれに | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://gakisroom.exblog.jp/tb/13694076
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< もう一つの日本列島のイメージ,...      もう一つの日本列島のイメージ >>