2011年 05月 13日
松の雄花と雌花
d0006690_18281849.jpgイチョウの雌花を見つけることはできませんでしたが,松の雄花と雌花について知りました。

松は雌雄同株です。左上の茶色っぽいのが雄花です。右下の新梢の芽に赤っぽくついているのが雌花です。

多くは雄花と雌花は別々ですが,雄花と雌花が一緒に出ている枝もありました。

d0006690_1828132.jpg雄花です。新芽の下部に穂状に密集します。

黄色の花粉が飛びでた後は,カスカスの殻になります。イチョウの雄花と同じように簡単に落ちてしまいます。根元には雄花の殻がたくさん落ちていました。

d0006690_18274890.jpg雌花です。新芽の頂に球状になっています。これが松笠になるようです。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2011-05-13 19:00 | 花の手帳 | Comments(6)
Commented by saheizi-inokori at 2011-05-13 22:16
雌花、うまそう。食べられないかなあ。
Commented by 高麗山 at 2011-05-14 01:24 x
松傘の幼少期は、ドロップスの様ですネ。。。
雌花なんですネ。
Commented by gakis-room at 2011-05-14 09:03
saheiziさん,
食べられるかどうかは知りませんが,ずいぶんと硬いですよ。
Commented by gakis-room at 2011-05-14 09:06
高麗山さん,
「サクマ式ドロップス」と「サクマドロップス」とがあることをご存じでしたか。
Commented by 高麗山 at 2011-05-14 16:02 x
確か以前の楽餓鬼ブログで。。。?
Commented by gakis-room at 2011-05-15 10:27
高麗山さん,
「サクマ式」と「サクマ」について昨日知りました。
よろしければ,こちらをどうぞ
  http://ja.wikipedia.org/wiki/サクマ式ドロップス


<< まあ,そのうちに      日本版「二十四節気」を作るとい... >>