2011年 04月 29日
芝生にだって花が咲く
d0006690_1253279.jpgコウシュンシバ イネ科 シバ属

「近くの公園」です。コウシュンシバと教えていただきました。「コウシュン(恒春)」は台湾の地名です。九州南部,沖縄,東南アジア,インドに分布しているようです。

手入れがされていないせいでしょうか,褐色の小穂が目に付きました。

d0006690_1252475.jpg白くとびだしているものは葯です。

「ノシバ」とよく似ていますが,「ノシバ」の小穂はもっと小さいようです。しかし,私には「ノシバ」と「コウシュンシバ」との区別が良く分かりません。

また,一般にコウライシバ(高麗芝)と呼ばれ,芝生あるいはゴルフ場のグリーン用いられているのはこのコウシュンシバだそうです。

コウライシバ(高麗芝)は葉は巻くそうです。また,朝鮮半島とも無関係のようです。


※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2011-04-29 13:38 | 花の手帳 | Comments(0)


<< 4月30日,ゆく春を惜しむこともなく      ようやくイチョウの花に出会えました >>