2011年 04月 02日
風信子,ヒヤシンスのことでした
d0006690_18345127.jpgヒヤシンス ユリ科 ヒヤシンス属

「近くの公園」です。ヒヤシンスはこれまでに,つまりは野草に関心を持つ以前から知っていた数少ない花の1つです。

多くの場合は紫色でした。

d0006690_18344065.jpgそヒヤシンスを漢字で書けば「風信子」であることを昨日知りました。意外と言うよりも迂闊でした。

というのは,高校時代に好きだった立原道造の自費出版詩集「萱草に寄す」,「暁と夕の詩」が「風信子叢書」と名付けられていたことを思い出したからです。好きな詩人であったのに「風信子」とは何かを確かめることもせず,ただ「ふうしんし」と読んでいました。

なお,3月29日は立原道造の命日(1939年)で,「風信子忌」と呼ばれています。また,建築家でもあった彼が週末を過ごすために設計したが実現しなかった「ヒアシンスハウス(風信子荘)」は,2004年に埼玉県さいたま市南区の別所沼公園に建てられています。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2011-04-02 11:37 | 花の手帳 | Comments(0)


<< 難しい問題,「4・3平和記念館...      例年になく寒い月でした,3月の気温 >>