2011年 03月 20日
マンサクとシナマンサクの違いがわからない
d0006690_18252470.jpg2月7日のシナマンサクは2月6日に井の頭公園で見たものです。こちらは3月12日で「例の田舎道」です。

最初はシナマンサクかと思いました。わずかですが枯れ葉もついています。しかし,シナマンサクはマンサクよりかなり早い時期に咲くようですから,こちらはマンサクでしょうか。

d0006690_1825965.jpg調べてみましたが,違いがなかなか分かりません。「マンサクの花弁はシナマンサクよりも花弁が短い」との説明もありましたが,相対的かも知れません。

また,「萼(花の中央)の色は,内側が明るい赤色~赤褐色で,外側は褐色の毛が密生する。シナマンサクは萼の内側の黒味が強く,赤黒い色をしている」との説明もありました。

とすれば,これはマンサクのようにも思われます。しかし,マンサクとシナマンサクの種間交雑種が園芸種として多数でまわっているようです。これは自生しているものではありませんから,交雑種かも知れません。

いずれにせよ,マンサクあるいはシナマンサクを身近なところで見ることができたということだけは確かです。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2011-03-20 19:26 | 花の手帳 | Comments(0)


<< きょうの日の出は5時59分      きょうは私の「ブログ記念日」 >>