2011年 03月 09日
きょうのイライラ
このイライラはなんなのでしょうか。

かつて「郵政民営化の是非,この一点を国民に問いたい」として小泉首相は解散,総選挙を強行しました。そこに至る手続きには異論がありますが,しかし,国のかたちを決める重要事案について,ともかくもその是非を国民に問うことをしました。

そして,総選挙に圧勝した小泉首相は郵政民営化のあと退任しました。問題はその後からです。後を継いだ安倍首相は「美しい国 日本」なるものを弄んだあげく「元祖政権投げ出し」となりました。「美しい国 日本」を国民に問うこともありませんでした。その後の福田首相は国民に問うべき理念・政策もないままに「2代目政権投げ出し」となり,麻生首相はリーマンショックの混迷を「全治3年」と診断しましたが,やはり国民に問うべき理念・政策を持ちませんでした。

「マニフェスト」を掲げて颯爽と登場した鳩山首相は無思想・無定見・無能力・無責任だけを印象づけて「3代目政権投げ出し」となりました。辞任後も「恥知らず」を継続しています。

さて,菅首相です。「マニフェスト」が破綻したのなら,「びっくり」するだけでなく破綻の理由を明らかにすべきです。それには口をつぐんで,「社会保障と税の一体改革」や「TPP推進で平成の開国」なんて言い出しました。ことの是非は別にしても,「成案がなったら国民に信を問う」つもりはないようです。

国民の負託のないままに…。しかし,きょうの私のイライラの主因はこれです。夕食後にちょっとやりたいことがあって,酔うまいとした浅はかさです。「明日できることはきょうするな」のモットーに戻って,これからゆっくりと飲み直しです。
[PR]

by gakis-room | 2011-03-09 18:45 | つれづれに | Comments(2)
Commented by saheizi-inokori at 2011-03-09 23:55
酔わないビールも仕事をしない政治家も存在意義はないですね。
投げ出して欲しい奴がいつまでも居座る、いらいら、イラ菅です。
Commented by gakis-room at 2011-03-10 08:09
saheiziさん,
解散,つまりは民意を問えという自民党の掌中は空っぽみたい。マニフェストを守れという人たちには「鳩山・小沢時代」なんてなかったかのような雰囲気。
しばらくはイライラが続きそうです。


<< きょうの日没は6時,冬至のころ...      モクレンの蕾 >>