2011年 02月 27日
春一番の搭
d0006690_910218.jpg

「春一番」は悲しい物語です。江戸末期、この島の沖で、突然の強風にあおられて、多くの漁民が遭難しました。

以来、春先の暖かな突風を春一番と言うようになったそうです。
[PR]

by gakis-room | 2011-02-27 09:10 | つれづれに | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://gakisroom.exblog.jp/tb/13004385
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 高麗山 at 2011-02-27 10:52 x
単純に、春一番に吹く風と認識していました。(ググってみました)
アア、浅学!
Commented by saheizi-inokori at 2011-02-27 10:58
諸説あるようですね。人口に膾炙したのは案外最近のようです。
朝から勉強させていただきました。
Commented by gakis-room at 2011-02-27 21:57
高麗山さん,
私も「木枯らし1号」と同じように,「春一番に吹く風」と思っていました。
慰霊碑も見て,ちょっと考えました。
Commented by gakis-room at 2011-02-27 22:08
saheiziさん,
確かに諸説があるようです。
壱岐では1988年以降,「春一番・風のフェスタ」というイベントを行っているようです。
私はキャンディーズの「春一番」しか知りませんでした。


<< 一支国(いきこく)・壱岐紀行,...      例の会、2011 >>