2011年 02月 24日
2月24日,1933年  国際連盟脱退
d0006690_15172775.jpg1933年のこの日,国際連盟総会は満州事変について「リットン調査団報告書」を採択しました。

報告書は,満州における日本の権益を認めながらも,
・柳条湖事件(満州事変)及びその後の日本軍の活動は,自
 衛的行為とは言い難たい
・満洲国は,地元住民の自発的な意志による独立とは言い得
 ない
・満州を中華民国の主権と調和する範囲内で自治を認める
・満州国の秩序のために国際的な武装組織を置き,そのため
 に外国軍隊は撤退する
等の内容でした。

※満州事変
1931年9月18日の柳条湖事件(南満州鉄道爆破事件・関東軍の自作自演)から1933年5月の日中停戦協定までを言う。
柳条湖事件の5日後の23日の朝鮮派遣軍は満州に独断越境。朝鮮派遣軍・関東軍の支配下のもと,1932年3月1日,満州国が成立します。中華民国は国際連盟に提訴。国際連盟はリットン調査団派遣(9月に報告書を国際連盟に提出)。この間の6月に日本は満州国を承認した。

国際連盟総会の採決結果は,採択賛成42カ国,反対1カ国,棄権1各国(タイ)でした。主席全権松岡洋右はこれを受け入れられないとして,議場を退場します。そして,3月27日に国際連盟脱退を通告しました。こうして日本は,1937年の日中全面戦争,1941年日米戦争に至ることになりました。

写真は国際連盟総会の採決を伝える朝日新聞です。記事の内容を読み取ることはできませんが,見出しはすっかり「政府スポークスマン」です。

  連盟よさらば! 遂に協力の方途尽く
  我が代表堂々退場す

これほどまでにあからさまではないとはいえ,この危うさ,どこか現在と似ていないでもありません。また,頻繁に,そして安易に主張される「国益」なる言葉を聞く度に「満蒙は我が国の生命線」と重ねてしまいます。これは松岡洋右が衆議院本会議(1931年)で行った演説です。
[PR]

by gakis-room | 2011-02-24 08:01 | つれづれに | Comments(0)


<< ノンアルコール ビール(テイス...      甘い香りがします,ニワナズナ >>