2011年 02月 23日
甘い香りがします,ニワナズナ
d0006690_16304239.jpgニワナズナ アブラナ科 ニワナズナ属

アリッサムあるいはスイート・アリッサムの呼び名の方が一般的でしょうか。原産地は地中海地方です。

背丈は10〜20センチ位ですが,地を這ってマット状に拡がります。それで,グランドカバーによく使われるそうです。

色は白が一般的なようですが,桃色,紅紫色などもあるようです。

d0006690_16303056.jpg花軸に柄のある花が多数付く「総状花序」です。1つの花の花径はナズナ(ぺんぺん草)よりも大きく,3〜5ミリくらいです。

まだ開ききっていませんが,アブラナ科ですから菜の花と同じ4弁です。近づくと甘い香りがします。中国名では,この香りと枝先についた沢山の花が丸く咲く様子から「香雪球」と言うそうです。

花言葉は「優美」,「美しさに優る値打ち」です。「美しさに勝る値打ち」とはどんなものでしょうか。もつとも「美しさ」の定義自体が曖昧ですが…。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2011-02-23 08:18 | 花の手帳 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://gakisroom.exblog.jp/tb/12961762
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 2月24日,1933年  国際...      「近くの公園」のヤナギ,その後 >>