2005年 07月 16日
暑い夏と国会
現在参議院で審議されているいわゆる郵政民営化法案が参議院で否決されたら,小泉首相はこれを内閣不信任と受け止めて,国会解散→総選挙を示唆しています。

郵政民営化は小泉首相によれば行財政改革の本丸だそうですから,その否決は内閣不信任となり,信を国民に問うということのようです。

しかし,私には「本丸」は「瀕死の日本財政」をどう救うか,のように思われます。政府見通しによると,今年度末の累積国債残高は,538兆4000億円だそうです。これは国民一人あたりが422万円の借金をしていることになります。また,国の基本収入である税収の12年分に相当することになります。

公務員への賃金の不払いを含めて,政府サービスをゼロにして国の収入を全部借金の返済にまわしたとしても返済完了まで12年かかるということです。しかも,家計のローンの返済と違って,返済計画は何もありません。小泉首相はもとより,与党にも野党にも借金返済計画案はなさそうです。

来週にも梅雨明けだそうですが,国会の動向を思うと,この夏も私には酷暑であることは間違いなさそうです。
[PR]

by gakis-room | 2005-07-16 12:04 | つれづれに | Comments(2)
Commented by map at 2005-07-16 21:53 x
5月に学校で検診を受けたところ糖尿病だと診断されました。かなりめげておりましたが、7月に近所の医院で検査をしてもらったところが、何とか病気の判定数値を下回っておりました。
 結果は良かったと思うのですが、その間の日々がなかなか大変で精神的に動揺してしまったことが、つまりそのような自分を発見してしまったことが大きな驚きであったわけです。
 また、ゆっくりと話をしたいですね。お電話します。
Commented by gaki at 2005-07-17 05:17 x
あらら,私と違って日頃から健康には留意されていたのに。でも判定値がさがって良かったですね。電話を楽しみにしています。


<< のど自慢 in ソウル      夏です >>