2011年 01月 20日
きょうから大寒です
きょうから「大寒」です。なんだか「寒い寒い」と喚いているばかりの私ですが,1787年(天明7年)に出版された暦の解説書「暦便覧」では「大寒」をこのように言っています。

  冷ゆることの至りて甚だしきときなれば也

寒さの極値で,それも度を超している,と言うことでしょうか。しかし,度を超している尋常でない寒さは昨年末から続いています。「寒さの下限」(30,31日)まではあと10日もありますが,それを下回る「絶対的に寒い日」はすでに9日を数え,冬日は17日を数えています。

とはいえ,立春まではあと15日です。寒さから暖かさへのUターンはまもなくです。

「度を超している」ことをグラフにしてみました。
d0006690_18105830.jpg

[PR]

by gakis-room | 2011-01-20 18:46 | つれづれに | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gakisroom.exblog.jp/tb/12729581
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by saheizi-inokori at 2011-01-21 09:57
50年ほど前と比べるとどうなんでしょうか。
長野での経験ですがはるかに今より寒かったと思います。
Commented by gakis-room at 2011-01-21 17:06
saheiziさん,
確かに昔はもっと寒かった気もします。
奈良地方気象台の統計は1954年からですが,57年間の記録を調べてみましょうかね。


<< 李舜臣銅像をめぐる論争,その後      室温20度以上は22万円の過料... >>