2010年 11月 26日
これまで気づきませんでした,オオカッコウアザミ
d0006690_1830535.jpgオオカッコウアザミ(大霍香薊) キク科 アゲラタム属

「例の田舎道」で見ました。オオカッコウアザミかと思います。ほとんど同じ花にカッコウアザミもあります。こちらは花も葉の鋸歯も小さいようです。

別名をムラサキカッコウアザミあるいは属名からアゲラタムとも言うようです。葉がシソ科のカッコウ(和名はカワミドリ)に似て,花がアザミに似ているところからの命名です。

メキシコペルー原産で,背丈は20センチくらいですが,これは矯正種で,60センチ位の高性種もあるようです。

d0006690_18304245.jpg また, 属名のアゲラタムとは,ギリシア語のアゲラトス(不老)からのようで,花期が長いところからの命名のようです。 花期は5月〜11月位までのようですが,これまでは気づきませんでした。

花径は1センチ位です。花は青色が多いようですが,シロ,ピンクそしてこの花のように青紫もあります。

花言葉は「信頼」・「安楽」・「幸せ」です。「信頼」と「安楽」はともかくも,花びらでしょうか,糸のように長く伸びた小花の花序を見ていると,なんとなく「幸せ」な感じがしてきます。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2010-11-26 18:46 | 花の手帳 | Comments(0)


<< 高桐院に行って来ました      サルビア・ミクロフィラあるいは... >>