2010年 11月 20日
紅葉(黄葉)は葉の主張ですよね
d0006690_1919650.jpg昨日,「どこかへ行きたいとは思うのですが,なんとなくままならない毎日です」と書いた後,ちょっとした狼狽えがありました。これまでであれば「どこかへ行きたい」という曖昧さほとんどなかったように思います。

これまでは「○○に行きたい」と思ったら,思いつきででも行っていたように思います。あるいはあれこれの事情で「行けない」ことを諦めていたように思います。この曖昧さは何なのでしょうか。肉体の老化(劣化)はすでに十分すぎるほど自覚していますが,これは精神の老化(劣化),しかも深いところから来るものなのでしょうか。

私は1面の紅葉(黄葉)を見たい,と思ったのですが,考えてみれば,個別の木々の葉を意識するのはこの季節だけのようです。新緑なり青葉なりを美しいと思うことはありますが,それはカエデでも,イチョウでもサクラでもフウでもハゼでもなく,新緑,青葉一般です。

紅葉(黄葉)は花と違って意識されることがほとんどない葉の自己主張のように思われます。それであれば,私は「どこかへ行きたい」ではなく,これまでのように「○○に行きたい」と葉の自己主張に応えるのがいいようです。

老いは老いとしても,きょう,行きたい所をはっきりさせました。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2010-11-20 19:27 | 花の手帳 | Comments(4)
Commented by saheizi-inokori at 2010-11-20 23:12
行ってらっしゃい!
Commented by ume at 2010-11-21 07:46 x
>紅葉(黄葉)は葉の主張ですよね
一年草と違って樹木は、芽吹き→紅葉(黄葉)を毎年繰り返しながら成長していきます。鉢の中でこの過程を眺める遊びが盆栽です。木の形を整えるためにちょっとだけ手を加えますが、あんまりわざとらしいのはいけません。
Commented by gakis-room at 2010-11-21 09:00
saheiziさん,
人出を避けて水曜日か木曜日に行ってきます。
Commented by gakis-room at 2010-11-21 09:01
umeさん,
「人工的な自然らしさ」とでもいうのでしょうか。


<< 一票の格差,あるいは参議院とは何か      寒い朝 >>