2010年 10月 31日
園芸種(オキザリス)が野生化したようです,シロバナイモカタバミ
d0006690_15102462.jpg シロバナイモカタバミ(白花芋片喰)
カタバミ科 カタバミ属

近所の植え込みから顔をのぞかせていました。イモカタバミの白花種です。

南米原産で,日本には戦後にイモカタバミと同時に鑑賞用に渡来したそうです。その園芸用のものが逸出して野生化したようです。

シロバナイモカタバミは以前に取り上げたことがあります。その時は,「白色のカタバミ」としか思いませんでした。

ところで「イモ」カタバミの名前の由来は「芋状の塊茎を持つ」ところからのようです。

d0006690_15101311.jpgカタバミもオキザリスもどちらもカタバミ科,カタバミ属ですが,カタバミと名の付くものは地下に塊茎をもたず,オキザリスは塊茎を持つものと,私はこれまで思ってきました。

しかし,引き抜いて確かめることもできませんから,カタバミと名がつけば在来種(野草),園芸種をオキザリスと私流に区別してきました。野生化したとは言え,イモカタバミもシロバナイモカタバミも「カタバミ」の名がついていても野草ではなく,園芸種でした。

花径は1センチ位です。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2010-10-31 16:13 | 花の手帳 | Comments(2)
Commented by tona at 2010-11-02 11:31 x
カタバミかオキザリスか区別がわからずにいました。
葉の形とか大きさかなあと漠然と思ったりしていましたが、目からウロコです。カタバミもオキザリスもじっと見るほどに美しい花ですね。
Commented by gakis-room at 2010-11-02 16:28
tonaさん,
オキザリスと呼ばれているものは一般的に葉が大きいような印象をもっています。

近寄って見ると清楚な感じのする花です。


<< 月末になって急に寒くなりました...      メリケンとは懐かしい,メリケン... >>