2010年 10月 30日
メリケンとは懐かしい,メリケンガヤツリ
d0006690_14364059.jpg メリケンガヤツリ カヤツリグサ科 カヤツリグサ属

アメリカ大陸原産で,1960代に渡来したそうです。それで「アメリカから来た」・「カヤツリグサ」で「メリケンガヤツリ」です。「メリケン」にはなんとなく懐かしさがあります。私の虎が煙草を吸っていた頃,小麦粉のことをメリケン粉と呼んでいました。

背丈は30センチ位ですが,大きなものは50〜70センチにもなるようです。

花穂が球状になっているのが特徴です。カヤツリグサは上下に並んで円錐状になっています。

カヤツリグサもそれよりもさらに小さなコゴメガヤツリも「近くの公園」では珍しくありませんが,これまで,何故か記事にしてきませんでした。

球状の小穂は1センチ足らずです。ひとつひとつの鱗片は長さ2〜3ミリです。小穂の下から細長く延びて,葉のように見えるのは苞とのことです。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2010-10-30 16:45 | 花の手帳 | Comments(2)
Commented by saheizi-inokori at 2010-10-30 17:51
アメリカにも蚊帳ってあるのでしょうか。
どんな蚊帳が吊れるのかなあ。
Commented by gakis-room at 2010-10-30 19:12
saheiziさん,
蚊帳は東アジアです。アメリカにはないと思いますよ。


<< 園芸種(オキザリス)が野生化し...      よしなしごと >>