2010年 10月 22日
造花のような花です,ハナヅルソウ
d0006690_16272736.jpg ハナヅルソウ(花蔓草) ツルナ科 アプテニア属

「例の田舎道」です。南アフリカ原産,江戸時代末期に渡来したようです。別名はアプテニアです。ですから,属名をハナヅルソウ属としているものもありました。

名前の由来は葉が肉厚の葉が地面を這うツルナ(蔓菜)に似ているが,花を付けるところからだそうです。しかし,私はまだ見ていませんがツルナも目立ちませんが小さな花を付けるようです。

写真からは分かりませんが,ランナーを出して簡単に増殖していきます。

d0006690_16271648.jpg 花径は1.5センチ位です。マツバギクによく似ていますが,葉が違いますから間違う事はありません。

初めてマツバギクを見た時,造花のような花だと思いました。肉厚の葉を含めて,同じ感想を持ちました。

色は他にピンク,黄色もあるようです。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2010-10-22 16:35 | 花の手帳 | Comments(0)


<< アサガオではありません,食用野...      ? >>