2010年 10月 17日
11日の花はオオニシキソウでした
d0006690_11532174.jpgオオニシキソウ トウダイグサ科 ニシキソウ属

11日の判別に迷った花はオオニシキソウでした。その時の私の判別基準は以下のようでした。

コニシキソウ   地面を這う 葉には斑点がある
オオニシキソウ  立ち上がる 葉には斑点がない

しかし,オオニシキソウには葉に斑点ないものとあるものがあるようです。これは同体でも言えそうです。そして,葉にも鋸歯のあるものとないものもとがあります。

d0006690_11531067.jpgオオニシキソウの花です。花径は2ミリほどです。白い4弁は実は花弁ではなく,「腺体附属体」(私には意味不明)なのだそうです。

その「 腺体附属体」の中央から白く伸びているものが花柱です。写真では良く分かりませんが,3本の花柱はそれぞれに2深裂しているそうです。

茎や葉を切ると白い液が出てきます。それで別名を「乳草」とも言うようです。昨日のアキノノゲシもにも「乳草」の別名がありました。

なお,「立ち上がって,葉に斑点がある」仲間に「シマニシキソウ」がありますが,こちらは蒴果(さくか)に白い毛が密集し,茎にも長い毛があります。オオニシキソウはどちらも無毛です。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2010-10-17 16:00 | 花の手帳 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://gakisroom.exblog.jp/tb/12092215
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 35時間59分の沈黙      葉の違いだけのようです,ホソバ... >>