2010年 10月 13日
第57回 日本伝統工芸展京都展
d0006690_1862319.jpg朝から,所用で京都に行来ましたが,その後で「伝統工芸展」を観てきました。京都高島屋7階グランドホールです。

「伝統工芸展」は初めてです。知人から「この度,東京展滑り込みセーフで入選し,棚からボタモチで宮内庁お買い上げとなり」との連絡を受けました。伝統工芸展のホームページを見ると,別の知人も入選していました。いずれも「陶芸」ですが,これは見に行かねば,となった次第です。

陶芸については何も分からない私ですが,全体に落ち着いた色合いが印象的でした。そして,概して作品は大型のものが多いようでした。大型になるほど技術を必要とするのでしょうか。それらは置物として部屋を飾るのでしょうか。小振りのものはわずかでした。

連絡を受けた「宮内庁お買い上げ」は20センチ位の皿(5枚組)です。これにどんな料理が似合うのかは想像もできませんでしたが,食べ終わって,「おや,まあ」と皿に見入ってしまう光景は充分に想像できました。

染色,漆芸,金工,木竹工,人形,諸工芸とひとしきり見て回り,柄にもなく「芸術の秋」らしきにちょっと触れてみました。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2010-10-13 18:47 | つれづれに | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gakisroom.exblog.jp/tb/12073261
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by saheizi-inokori at 2010-10-13 20:46
ガキさんの作品を観る顔が目に見えるようです。
Commented by gakis-room at 2010-10-13 21:31
saheiziさん,
きっと間抜けた顔だったんでしょうよ。
場違いな世界でしたから。


<< あたりまえですが,ハナミズキに...      秋の雲 >>