2010年 09月 26日
私の不機嫌
d0006690_18523773.jpg今朝の最低気温は11.7度でした。平年4.5度低く,10月中旬並です。もちろんこの秋1番の寒さです。一昨日にも書いたように,「しみじみと秋」を感じる余裕もありません。日中はほぼ平年並みになりましたが,私は不機嫌です。

不機嫌を直すためには私の「体内時間軸」を一挙に夏から秋に,それも季節を先回りするために,この際,晩秋に推し進めなければなりません。「もう,中秋も終わって,晩秋だぞ」とひたすらに言い聞かせることです。

夕刻から窓を開け放って,涼しいと言うよりも冷たい風を部屋に呼び入れています。Tシャツ1枚では「年寄りの冷や水だぞ」と言い聞かせています。すでに羽布団も日中に用意しました。

夕食は鍋と決めています。それでも不機嫌の塊が残っています。中国漁船衝突事件です。どんなに考えても私の視点が見つかりまりません。視点を見つけるなんて,それは市井の独居老人には過ぎたること,傲慢なことと思うのですが,それだから余計に不機嫌になってしまいます。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2010-09-26 19:28 | つれづれに | Comments(8)
Commented by saheizi-inokori at 2010-09-26 21:06
私はあまりに不機嫌で酒を飲むこともしませんでした。
こんな時に飲んでも旨くなさそう。
Commented by 高麗山 at 2010-09-26 21:16 x
今日のお昼の番組で、三宅久之が言っていました。
 
  “日本人は、民主主義の観点で中国を見るから駄目なんだ、
  相手は、一党独裁の共産主義国家です”   と!

それよりも信頼できない 政府と検察 本当に怖い!
Commented by gakis-room at 2010-09-26 22:41
saheiziさん,
私はむしろ酒量が増えています。と言っても缶ビール1本程度ですが。
それでようやく床につきます。
那覇地検ではなく,この国の政府はどこで対応を間違ったのか,思想も哲学も何もないから間違わざるを得なかったのか…。
Commented by gakis-room at 2010-09-26 22:47
高麗山さん,
珍しくこの時間にまだ起きています。
件のテレビ番組は見ていませんが,三宅氏の言い分にはには賛成出来ません。
この国にはもう何十年も国際関係についての戦略そのものがないようです。
Commented by saheizi-inokori at 2010-09-27 07:13
粛々と、という言葉は思わぬ反対や事態にあった時に思考停止もしくは逆上して、惰性の如く既定の方針のままで乗りきろうとするときに自民党が使った政治家独特の言葉ですね。
内心は不安と恐怖が逆巻いていますというサインです。
Commented by gakis-room at 2010-09-27 12:47
saheiziさん,
上記の定義に加えて,「行き当たりばったりでやってしまった」という弁解をも加えていいかもしれません。
Commented by saheizi-inokori at 2010-09-27 23:14
指導者としては行き当たりばったりというのは弁解にならないと思うなあ。
まして地検のせいにするのではタクラミです。
Commented by gakis-room at 2010-09-28 07:55
saheiziさん,
弁解にならなくても,してしまうんですから哀しい限りです。


<< 私の不機嫌,その2      8月上旬→9月中旬→10月下旬... >>