2010年 09月 23日
「竜巻注意情報」を初めて知りました
d0006690_21412547.jpgこの5月,「平城遷都1300年祭」の会場では「30分前に落雷を予報」され,それが「まいど1号」の成果であるとの新聞記事を見た時,会場限定ではなく,「気象注意報」として日常化されればと思ったものでした。

きょう,午前中,雷雨を聞きながら,ぼんやりとテレビを見ていました。すると何度もニュース速報のように,近畿の各府県の「竜巻注意情報」が流されていました。これまで「竜巻注意情報」には気づきませんでした。

「竜巻注意情報」はいつからのことでしょうか。気象庁のホームページを見てみると,「積乱雲の下で発生する竜巻,ダウンバーストによる激しい突風に対して注意を呼び掛ける」目的で,すでに08年3月26日から,都道府県毎に発表しているようです。

きょうの奈良県の場合,4時18分に「竜巻注意情報」第1号が出され,その後10時41分の第7号まで出されています。

※ダウンバースト(Downburst)…気象現象の一つで,局地的・短時間に上空から吹く極端に強い下降気流である。下降
               噴流(かこうふんりゅう)ともいう。

写真は昨夜の「中秋の名月」です。すっかり諦めていましたが,夕食後の8時前に「近くの公園」に行ってみました。それでも雲の切れ間から,月は時折顔を見せていました。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2010-09-23 12:20 | つれづれに | Comments(8)
Commented by acniafafa at 2010-09-23 16:39
こんにちは。
竜巻注意報ですか。たしかに、目新しいですよね。
ただ、どう注意すればいいのかと思ったり…
Commented by R1 at 2010-09-23 16:39 x
竜巻注意報・・初めて知りました。出たらわくわくしながら竜巻を待てばいいんですね。
中秋の名月、曇ってしまった7時半ごろ、「一年に一回しかない」と子どもに言うと、見損なったやん!と怒られました。8時にも見えたんですね。
Commented by saheizi-inokori at 2010-09-23 16:47
20年近く前、千葉にいたとき茂原で竜巻がありました。夜突然停電になって渦中の人たちは何が起きたのか分かりません。翌日現地に行って鉄筋コンクリートの電柱がネジ切れたり家がつぶれたりしているのを見て足がすくむおもいでした。人が死ななかったのが信じられない惨状でした。予報があればどうしたのかなあ。ピンポイントで分かる分けないから電車なんか徐行するしかないのでしょうが。
Commented by ume at 2010-09-23 17:59 x
海上に発生する竜巻を、見るだけなら何度も見ています。海水を吸い上げるようにして移動する様は結構迫力がありますよ。
雪国では、春先に、ほとんど毎日「融雪注意報」が出ます。
さらに「着雪注意報」と言うのもありますが、どちらも全く緊張感のない注意報です。
Commented by gakis-room at 2010-09-23 18:38
acniafafaさん,
そうなんです,どう注意すればいいのだろうかと私も思いました。
道路標識に「落石注意」というのもありますが,同じように思っています。
Commented by gakis-room at 2010-09-23 18:42
R1 さん,
う〜ん,「わくわくしながら竜巻を待つ」と言う手もありましたか。

月が見えたのは多分偶然だろうと思います。写真を撮ってまもなく見えなくなりましたから。今夜は天文学上の満月ですが,全く見えそうにもありません。
Commented by gakis-room at 2010-09-23 18:46
saheiziさん,
「奈良県に竜巻発生注意」なんて言われも,何もしようがありません。アメリカでの竜巻の映像を見る限り,出くわしたら,ひたすら逃げる意外にないのかも知れません。
Commented by gakis-room at 2010-09-23 18:53
umeさん,
我が身の安全を前提に,竜巻を1度見てみたい,なんて手前勝手なことを考えました。
「融雪注意」はなんとなく分かりますが,「着雪注意」は電力会社,NTTあてへの注意ですかね。


<< 8月上旬→9月中旬→10月下旬...      きようは中秋の名月ですが… >>