2010年 09月 20日
ふとした疑問,秋は夕暮れ
d0006690_1853960.jpg秋は夕暮。夕日のさして山の端いと近うなりたるに,烏の寝どころへ行くとて,三つ四つ,二つ三つなど飛びいそぐさへあはれなり。まいて雁などのつらねたるが,いと小さく見ゆるはいとをかし。日入りはてて,風の音,虫の音など,はたいふべきにあらず。

枕草子の第1段です。別段,私には山の端が近くなって見えるとも思われません。また,烏も雁も飛び急ぐなどとは見ることもありませんが,「秋は夕暮れ」と言うよりも,秋の夕焼けなぜ素敵なのでしょうか。

秋の雲は高い所にあり,その雲が刻々と変化していくからでしょうか。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2010-09-20 19:30 | つれづれに | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://gakisroom.exblog.jp/tb/11951295
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by saheizi-inokori at 2010-09-20 20:32
しみじみするからではないでしょうか、私の場合は。
Commented by gakis-room at 2010-09-20 21:49
saheiziさん,
「しみじみ」は何につけても「しみじみ」ですよね。
Commented by saheizi-inokori at 2010-09-21 10:24
ひとしお、という言葉もあります。
私は普段はしみじみしないのですよ。粗雑^^。
Commented by gakis-room at 2010-09-21 14:43
saheiziさん,
しみじみと秋…,けれどもしみじみと春,しみじみと夏,しみじみと冬とは言いませんね。
ひとしお,は「一入」と書くことを今初めて知りました。


<< どうしたことだろう,でも,まあ...      何が変なのだろうか,菅内閣支持... >>